イソフラボンでニキビ予防

大豆に含まれているイソフラボンは、抗酸化作用があり体調を良くする効果が期待できるため、イソフラボンサプリメントなどが製品化され多くの人に飲まれています。
イソフラボンのもう一つの性質に、女性ホルモンの一つのエストロゲンによく似た作用をするというものがあります。
このため、イソフラボンを摂取すると、肌を若々しく保ったり、女性の生理前後の不快な症状を緩和できたり、更年期障害の改善等http://www.chinaallinone.com/jyoseihorumonn.htmlに効果が認められています。

女性の場合、女性ホルモンのエストロゲンが不足することで、いろいろな不具合が出てきます。
その中の一つに肌のトラブルがあげられます。
例えば、ニキビができやすくなったり、肌のハリがなくなったりします。
つまり、皮膚の細胞がダメージに対して弱くなります。

ニキビができる原因は、エストロゲンの分泌が少ないと言う事ばかりではありません。
皮膚に細菌が繁殖してできることもあれば、脂質の分泌が多い時にもニキビができやすくなります。
このため、ニキビを予防、あるいは、改善したい時には、外と内の両方から対処する必要があります。

ニキビ対策として、外側から対処するには、洗顔が一番です。
普通の石鹸を使っても良いのですが、イソフラボンやコラーゲン、ヒアルロン酸などを含んだ専門の石鹸がいろいろと販売されていますので、それらの中から肌に合うものを使うと効果が高くなります。
これらの製品は、単に肌の汚れを落とすばかりでなく、洗った後の肌の保湿までカバーしますので、ニキビ予防以外にみずみずしい肌を保つためにもよく使われます。

内側からは、イソフラボンの多い食事を摂るかサプリメントを利用するか、あるいは、両方で対処します。
イソフラボンを摂ることでエストロゲンの分泌が少ない時には、その代わりをしたり、エストロゲンの分泌を促したりします。
逆に、エストロゲンが多い時には抑制しますので、常にホルモンのバランスがとれます。
そうして、ニキビのできにくい体質に変わっていきます。