イソフラボンで若返り

イソフラボンは、大豆からできている豆腐などに含まれている物質で、女性ホルモンのエストロゲンに良く似た性質があります。
そして、このイソフラボンが含まれているものを摂取すると、その抗酸化作用によって免疫力が高まり、コラーゲンなどの生成が盛んになります。

女性にとっては、イソフラボンは女性ホルモンとよく似た性質がありますので、ホルモンのバランスを整える作用もします。
また、上記のような効能がありますので、肌にツヤが出てきて、シミやたるみなども少なくなる等、若返りの効果が期待できまする
特に、更年期を迎えた女性の場合には、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少することで、様々な更年期障害に悩まされる人も少なくありませんが、エストロゲンによく似た性質のイソフラボンを摂ることで、これらの症状を改善することができます。

もうひとつは、高齢の女性に多い骨粗鬆症にも効くということです。
更年期以降ではエストロゲンの分泌が減少することは書きましたが、これは、更年期障害以外にも骨が脆くなるということも引き起こします。
よって、エストロゲンに似たイソフラボンを摂ることで、骨粗鬆症の予防にも効果があります。

男性の場合には、女性ホルモンの摂取は、あまりすすめられませんが、イソフラボンは性質が似ていると言ってもそれほど強く作用するわけではありませんので、特に問題はないでしょう。
それよりも中年以降の男性に多い前立腺肥大の改善にイソフラボンが効くという事実の方が重要でしょう。
なぜ効くのかと言いますと、女性ホルモンのエストロゲンは、前立腺肥大の原因となる男性ホルモンの一つの分泌を抑制する働きがあるからで、エストロゲンによく似た性質のイソフラボンも同様に効果があります。

また、免疫力の高まりやコラーゲンの生成促進などは、男性にも作用しますので若返りの効果は女性同様に期待できます。
このようにイソフラボンは、若返りの効果ばかりでなく、中年以降の男女の体の不具合も改善する効果がありますので、積極的に摂取したいものです。